Catherine Cottage

子どもと楽しむ年中行事*12月号|事始め、冬至、クリスマス、正月飾り、インフル・ノロ対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e9%a3%be%e3%82%8a

今年はいつまでも夏だな、と思っていたら、最近は急に真冬並みに冷え込む日が多いくなってきましたね。もうあとひと月で、来年です!

街並みはクリスマスの装飾でにぎやかになり、店頭ではクリスマスソングが流れ、街を歩くだけでも楽しい気分になる季節。お子さまもそろそろ、サンタさんにお願いするものをかわいく真剣に考えているころでしょう。

weheartit.com

weheartit.com

さて、そんな12月の年中行事をご紹介! また、パーティーやイベントで忙しくなる時期でもあるので、それらを楽しく乗り切って気持ちよく新年を迎えるために、インフルエンザやノロウイルス対策もご紹介いたします。

今年最後のひと月、年末までご家族元気に、楽しくお過ごしくださいね!

二十四節気

季節の変化を知るために、地球が太陽をまわる一年を24に区分して、「春分」「秋分」など季節を表す言葉をつけてあらわしたものが、「二十四節気」。農村ではこの二十四節気を基準にして種まきや収穫などをおこなってきました。より細かく四季のうつろいを感じられるだけでなく、年中行事とも深く結びつくものもたくさんあります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*
1月 小寒(しょうかん)/大寒(だいかん)
2月 立春(りっしゅん)/雨水(うすい)
3月 啓蟄(けいちつ)/春分(しゅんぶん)
4月 晴明(せいめい)/穀雨(こくう)
5月 立夏(りっか)/小満(しょうまん)
6月 芒種(ぼうしゅ)/夏至(げし)
7月 小暑(しょうしょ)/大暑(たいしょ)
8月 立秋(りっしゅう)/処暑(しょしょ)
9月 白露(はくろ)/秋分(しゅうぶん)
10月 寒露(かんろ)/霜降(そうこう)
11月 立冬(りっとう)/小雪(しょうせつ)
12月 大雪(たいせつ)/冬至(とうじ)
*-*-*-*-*-*-*-*-*
12月には、「大雪(たいせつ)」と、「冬至(とうじ)」があります。

  • 大雪(たいせつ)12月7日ごろ(2017年は12月7日)
    平野部でも降雪のある時期、ということから大雪といわれるようになったのでしょう。この頃になると九州地方でも初氷が張り、全国的に冬一色に。熊が冬眠に入るのもこの頃です。鰤(ぶり)など冬の魚の漁も盛んになります。
  • 冬至(とうじ)12月22日ごろ(2017年は12月22日)
    太陽が最も南に来るときで、夏至とは反対に、夜が最も長く、昼が短くなる日。夏至から徐々に日照時間は減少し、日が昇る高さも一年で最も低くなることから、太陽の力が一番衰える日と考えられてきました。

12月の年中行事

12月の年中行事と、ぜひ生活に取り入れてお子さまにも受けついでいってほしい伝統的な生活習慣などをご紹介します。

●事始め(12月13日)●

%e9%a4%85%e3%81%a4%e3%81%8d煤払い(すすはらい) や餅つきなど、本格的に正月を迎える準備をこの日から始めます。自治会や町内会のお餅つき大会などもこの時期が多いのではないでしょうか。

煤払い(すすはらい)とは、単なる年末の大掃除ではなく、年神様を迎えるための神聖な行事として平安時代にはすでにおこなわれていたものです。大元の意味に習って、ご家庭にお持ちの場合は仏壇や神棚などの掃除を特にしましょう。
また、関東は12月初旬からお歳暮を贈り始めますが、関西ではこの日から贈り始めます。

●冬至(12月21日)●

%e5%86%ac%e8%87%b3冬至は、一年で太陽が最も南寄りで、昼の時間が最も短い日。太陽の昇る高さが最も低くなるため、必然的に日没が早くなるわけです。

これを逆に言うと、この日を境に翌日からは日が徐々に長くなっていくということなので、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくる、すなわち、冬至を境に運が向いてくるとし、古くから祝祭が盛大におこなわれていました。
「陰が極まり再び陽にかえる日」という意から、「一陽来復(いちようらいふく」)という言葉が生まれ、転じて、悪いことが続いたあとに幸運に向かっていくこと、冬が終わり春が訪れることを意味します。

冬至にかぼちゃを食べる?!

冬至にはかぼちゃを食べる、という古くからの風習があるのですが、これには昔ながらの知恵がありました。

%e5%86%ac%e8%87%b3冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめる、といわれています。にんじん、だいこん、れんこん、うどん、ぎんなん、きんかん、かんてん・・・・などなど、「ん」のつくものを「運盛り」といいます。
かぼちゃを漢字で書くと「南瓜(なんきん)」。つまり、運盛りのひとつ。とくにかぼちゃは本来夏が旬、南からやってきたものであるため、「夏」、「南」と陽の気を多く含むものとして、好んで冬至に食べられるようになったようです。
運盛りは縁起かつぎの意味合いだけでなく、栄養をつけて寒い冬を乗りきるための知恵でもあります。

%e5%86%ac%e8%87%b3同様に冬至の行事食として小豆(あずき)粥を食べる風習がある地域も。かぼちゃなど運盛りのほかにも、昔から小豆の赤は邪気を祓うと言われていることから、小豆の入った冬至粥で邪気を祓い、翌日からの運気を呼び込もうということなのです。

冬至は柚子湯に入る!

%e3%82%86%e3%81%9a%e6%b9%af冬至といえば柚子(ゆず)湯! この日に柚子湯に入ると風邪を引かない、と言われています。この由来には、「融通がきくように」といった語呂合わせや「冬至と湯治をかけた」など諸説がありますが、もともと柚子には体を温める効果があります。柑橘系の香りも心地よく、お風呂で温まりながら、ゆったり、リラックスするにはもってこいですね!
柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気が寄ってこないという考えもあることから、端午の節句の菖蒲湯同様、旬の香りの強いもので邪気を払う儀式とも言えます。また、柚子は実るまでに長い年月がかかるため、長年の苦労が実りますように、との願いも込められているようですよ。

そんなことをお子さまに教えてあげながらの柚子湯、心の中からあたたまりそうですね! ぜひ今年の冬至には柚子湯、やってみてくださいね!

▶︎▶︎子どもと楽しむ「柚子湯」

今年の冬至には柚子湯に挑戦! 3通りのやり方をご紹介します。

  1. そのまま柚子を丸ごとお風呂へ:1個や2個では香りを感じるほどにはなりませんので、せっかくならばたくさんお風呂に浮かべて香りを楽しみましょう。
  2. 輪切りや半分にカットしてお風呂へ:香りもよく、成分も出やすい方法です。が、だんだんグシャグシャになってきて果肉や種がお湯に浮いてくるため、その後のお掃除が大変になるかもしれません・・。
  3. 輪切りや半分にカットした柚子を、袋に入れてからお風呂へ:ガーゼなど目の細かい布などで袋を作り、中身が出ないようにすれば、柚子が見えないのは残念ですが、香りや成分も出やすくお掃除もラクラク! 洗濯ネットを使ってみても!

●天皇誕生日(12月23日)●

%e5%a4%a9%e7%9a%87%e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a512月23日は、現在の天皇誕生日として、国民の休日になっています。

天皇陛下と言えば、正式に「生前退位」をされることとなり、今その退位と改元のタイミングについてネットやニュースでもあれやこれやと騒がれていますね。年明けと共に新元号がはじまるのが一番きれいですが、年末年始だと混乱するとの見方から、平成31年3月31日に退位、4月1日の改元が有力でした。が、統一地方選などの日程を考慮し、4月末天皇陛下退位、5月1日皇太子さまが新天皇として即位、新しい元号が施行されることで現在調整がされているようです。そうなると5月1日は「改元記念日」という祝日になるようで、GWまっただ中のこの休日、前後うまく休みを入れたら2019年のGWは10連休になる可能性もあると、ネットがざわついています。12月1日におこなわれる皇室会議で話し合われるそうですので、近々正式な日程が発表になりそうですね。

それに伴い、この天皇誕生日の休日も変わるのか、気になるところです。これまでも天皇ご存命のときに天皇誕生日となっていた休日は、昭和天皇の誕生日4月29日は、現在は「昭和の日」として休日になっていますし、明治天皇の誕生日は11月3日で、これは現在の「文化の日」として休日のまま残っています。しかし今までに例のない生前退位、ともなると、このあたりの祝日もどうなるのでしょう??
ちなみに皇太子さまの誕生日は、2月23日なのだそう。この日が国民の休日となる日も、そう遠くはないかもしれません。

●クリスマス(12月25日)●

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9今では子どもたちが一年で最も楽しみにしているシーズン、イベントかもしれませんね! おそらく多くのお子さまにとっては、「クリスマスはサンタさんがきて、プレゼントをくれる!」という嬉しい日。2017年は23、24日が週末になるため、ご家族や親しい方とのクリスマスパーティーやお食事を考えていらっしゃる方も多いかもしれませんね。

クリスマスとプレゼントの関係

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b912月25日は、キリスト教では、イエス・キリストが約2000年前にベツレヘムの馬小屋生まれた日、ということになっています。そしてキリストが誕生した際に、賢人がキリストに贈り物をしたという説があり、クリスマス=プレゼントにつながったのではないかといわれています。東方の三賢人(ガスパール、メルキオール、バルタザール)がキリスト誕生の際に贈った物とは、金、乳香、没薬だったのだとか。

この日にプレゼントを贈ることは愛情の証として、古くは、貴重だったオレンジやささやかなお菓子などから、今ではおもちゃやゲーム、玩具など、プレゼントを贈る習慣が根付いたようです。

日本でのクリスマス

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9日本でクリスマスが広く受け入れられるようになったのは、1900年(明治33年)に明治屋が銀座に進出したことを契機に、クリスマス商戦が始まったといわれています。

日本ではクリスマスの食卓といえば、チキンやケーキあたりが定番でしょうか。クリスマスが近くなると店頭にはそういったお料理が並びますよね。チキンやケーキがあるだけで、やっぱり特別なパーティー感も高まり、気分も盛り上がりますね!

もっともっと、クリスマスについてのトリビアやパーティーアイディアなどを見たい方は、下のコンテンツもぜひご参考になさってくださいね!
★クリスマスをお子様と楽しく迎えるためのコンテンツ★
▶︎クリスマス豆知識|知ってると得するかもしれない?!クリスマストリビア
▶︎クリスマスを子供ともっともっと楽しむアイディア8選!
▶︎子供と楽しむクリスマスパーティー!|「簡単!手軽!楽しい!」クリスマスパーティーアイディア’2015

▶︎▶︎子どもと楽しむ「クリスマス」のアイディア:

欧米ではクリスマス前におじいさまおばあさま、親戚の方から大小さまざまなプレゼントが贈られてきて、大きいなクリスマスツリーの下に並べてクリスマスまで開けずに楽しみにとっておく、というのが定番です。

weheartit.com

weheartit.com

これです、これ、きれいに飾られたツリーの下にプレゼントの箱がいくつも並んで・・夢のような光景ですよね! 大人でも憧れてしまいます。ならば、今年はぜひ欧米スタイルで、ツリーの下にプレゼントをたくさん並べてみましょう! もちろん本式で、クリスマス前にプレゼントを受け取って並べておくのもいいのですが、どうせならたくさん並べたいので、いくつかは本当のプレゼントだけど、いくつかはディスプレイ用のただの箱、もしくは簡単なメッセージやお菓子など簡単なものを入れた箱をラッピングして並べて、クリスマスの朝、お子さまに箱を選ばせてくじ引きゲームのように次々と箱を開けていっても楽しいかもしれません! または、クリスマスパーティーをするなら、プレゼント交換用の持ちよりプレゼントをツリーの下に並べて! ビンゴなどゲームをして勝った人から順に、ツリーの下に並べられたプレゼントから好きなものをとっていく、というのも、ワクワクが増す演出です。

※クリスマスにおすすめ!
%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9こちら、ご家庭やお友達とのクリスマスに大人気の、ベビー着ぐるみロンパースクリスマスバージョン! 女の子用のトナカイワンピ、サンタワンピならまだ少し在庫あります。お早めにどうぞ♪

●正月飾り(26~28日)●

近年クリスマスが盛大になっていきている一方で、日本的な門松を玄関に立ててお正月を迎えるご家庭は少なくなってきているように思います。子供のころは、両親が車や自転車にもお飾りをつけて、正月のドライブ中に車につけたお飾りが飛んでいってしまってちょっと悲しかった記憶があります。

海外の楽しいイベントを取り入れて日常が華やぐのはもちろんウェルカムですが、やはり和の心、伝統も大切に受け継いでいきたいものです。お正月飾りには、門松、しめ縄、鏡餅、破魔矢に羽子板といったものがありますが、このなかでも定番といえば、門松、しめ縄、鏡餅あたりでしょうか。定番のお正月飾りの由来や意味をご紹介いたします。

門松

%e9%96%80%e6%9d%be家庭に年神様をお迎えするための目印として玄関に飾るものが門松です。お正月には、普段は天にいる神様が地上へ降りてくるため、「我が家は神様を迎え入れる準備が整っていますよ」という目印にするため、考えられた飾りのようです。 もちろん、新しい年がよい年であるように、との願いも込めて飾ります。

門松はクリスマスが終わったら、28日ごろまでに玄関に飾るようにします。家の門や玄関前に門松を2本、左右対称に飾るイメージがありますが、これはあくまでも神社などが左右対称に守り神がまつられているために一般家庭でもそうするようにしているだけで、とくに決まりがあるわけではないようです。スペース上の問題などで飾る場所がないなら無理に左右に二つ飾らなくても大丈夫なんですね。また、「門松」と聞くとこの画像のような、竹と松が土台にたてられた立派なものをイメージしてしまいますが、年末近くになれば一般家庭用のもっとシンプルなもの、松に飾りをちょこっとつけたようなものがお店に出ますので、それで十分です。
年が明けたら、門松は1月7日にはずします。門松、しめ縄については、1月15日の小正月に地域や神社でおこなわれる”どんど焼き”で処分するのが本来の形式ですが、近くでおこなっていなかったり、行けない場合は、紙などに丁寧に包んで、自治体のごみの処分にしたがって捨てるようにしてください。

しめ縄・しめ飾り

しめ縄は神の領域と現世を隔てる境目となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目を果たすと考えられています。神社の一角にしめ縄が張り巡らせている光景を目にすることもありますよね。同じように、自分の家が年神様をお迎えするのにふさわしい神聖な場所であることを示すために、お正月にしめ縄を飾る風習が始まったといわれています。

%e3%81%97%e3%82%81%e9%a3%be%e3%82%8aそのしめ縄に、縁起物など飾りをつけたものをしめ飾りといいます。たとえば、「紙垂」(かみしで/しで)は神様の降臨を表しており、「譲り葉」は家系を譲って絶やさず子孫繁栄を願う意味が込められ、「橙」は代々栄えるようにとの願いが込められています。しめ縄・しめ飾りも、クリスマスが終わったら28日ごろまでに飾るようにし、年が明けたら1月7日にはずします。

本来の意味から考えると、正式なワラで編まれたしめ縄やしめ飾りがよいのですが、最近ではもっと気軽に手軽におしゃれに日本の文化を取り入れられるよう、モダンなデザインのものもたくさん出ています。それをわかったうえで、何かひとつでも、ご家庭に合ったものを飾ってお正月に年神様を気持ちよくお迎えしたいものですね。

鏡餅

%e9%8f%a1%e9%a4%85昔はお米のできがそれこそ生死に関わっていましたので、獲れたお米でつくったお餅を年神様にお供えし、新しい年の豊作を願っていたのです。鏡餅、と呼ばれるようになった由来ですが、今の鏡とは形状がまったく異なりますが、昔使われていた青銅製の鏡に似ていることから、また、鏡にも神が宿るとされ鏡が神事に用いられていた神聖なものであったことから、鏡餅という名前になったようです。

13日~28日に供えるのがよいとされていますが、中でも28日は末広がりの8がついている事から特に縁起がよいとされ、この日を選ぶ方も多いよう。鏡餅については、1月11日の鏡開きの日にお汁粉などにして家族でいただきます。ご利益、幸せをみんなで分け合う、という意味があります。

●大晦日(12月31日)●

%e5%a4%a7%e6%99%a6%e6%97%a5一年で最後の日が、大晦日です。昔は1日の始まりが深夜0時ではなく、日没であったため、12月31日の日暮れとともに、新年が始まっていました。この名残で、北海道や東北の一部では、大晦日におせち料理を食べるようです。
午前中には大掃除や年始の買い出しに忙しく過ごされる方も多いと思いますが、夕方以降はぜひ、ご家族で年越し蕎麦でも食べながら、新年を迎えるためのゆったりとした時間を過ごしたいものですね。

年越し蕎麦

%e5%b9%b4%e8%b6%8a%e3%81%97%e8%95%8e%e9%ba%a6大晦日の風物詩ともいえる、年越し蕎麦。蕎麦は他の麺類と比べて切れやすいことから、「今年一年の厄を断ち切る」という意味で、江戸時代から大晦日の夜に食べる風習が生まれたとされています。また、その細くて長い見ためから、長寿の願いを込める、との意味合いもあるともいわれています。胃腸に負担も少なく、栄養価も高いお蕎麦。ぜひ一年を締めくくる食卓は家族揃って年越し蕎麦を召し上がってくださいね!

除夜の鐘

%e9%99%a4%e5%a4%9c%e3%81%ae%e9%90%98大晦日は、年越しの瞬間を迎えたくて、テレビをみながら家族でおしゃべりしつつその瞬間を待つ・・・という方もたくさんいらっしゃるのでは。そして、年越しの瞬間をまたいで聞こえてくるのが、「除夜の鐘」です。

除夜の鐘は多くのお寺で「108回」撞かれます。この108回には意味があり、仏教思想に基づく「百八煩悩」を意味しています。「心を惑わし、身を悩ませる」もののことを煩悩と言い、鐘をつくことでこれらの煩悩を1つ1つ取り除き、清らかな心で正月を迎えようと言うわけです。厳密にいうと、108回のうち最後の1回は年が明けてから撞くようで、新しく始まった1年が煩悩に惑わされないように、という意味が込められているそうです。

インフルエンザ、ノロウイルス対策!

寒くなると心配なのが、毎年やってくるインフルエンザやノロウイルスといった流行病。年末にむけて結婚式や発表会、パーティーなど何かとイベントで大忙し、そんななかウイルスに負けてなんかいられない!!!
ここでは主に寒い時期に流行り厄介なインフルエンザとノロウィルスについて、その予防対策や便利な市販品をご紹介いたします。

消毒、除菌、殺菌の違い

この時期店頭に並ぶ、「消毒」「除菌」「殺菌」の文字・・。さまざまな衛生商品が販売されていますが、その意味の違いを把握して、理想の商品を手に入れましょう。

「消毒」:病原菌となる微生物を死滅または除去し、害のない程度まで減らしたり、あるいは感染力を失わせるなどして毒性を無力化させること。

「除菌」:限られた空間に含まれる微生物の数を減らし、清浄度を高めることをいう。洗い流したりふきとったりして、物理的に微生物を排除すること。

「殺菌」:文字通り「菌を殺す」ということを指しています。細菌を死滅させる、という意味。ただ、殺す対象や殺した程度を含んではいないため、その一部を殺しただけでも殺菌といえる。必ずしも有効性を保証したものではない。

インフルエンザ

インフルエンザは感染力が強いですが、消毒剤には弱いウイルスです。つまり、ご家庭での習慣で予防のしようがある、ということです。また、もちろん予防接種もおすすめです。予防接種をすればインフルエンザにならない、ということはありませんが、それでもなりにくかったり、軽くすんだり、というメリットはありそうです。

インフルエンザの予防対策

日常生活に簡単に取り入れられて効果のある予防対策です。

  • うがい手洗いは基本! 「消毒」や「除菌」効果のある石鹸を使ったり、手洗い後にさらに消毒スプレーなどをプラスすると◎
  • 外出先で食事をとるときなどは、除菌シートなどでテーブルやお子さまがさわりそうな場所を一度拭く
  • 部屋は加湿して適度な湿度を保つ(50~60%)
  • 十分な栄養と睡眠
amazon.co.jp

amazon.co.jp

amazon.co.jp

amazon.co.jp

ノロウィルス

近年になってその名も知れ渡るようになってきたのが、ノロウィルス。毎冬大流行する、嘔吐・下痢・発熱などの症状が出る胃腸炎です。そして何が厄介かというと、感染力が強いうえに、薬剤に対する抵抗力も非常に強いため、消毒や除菌の効果が期待できない、という点。そのため、家族の誰かがノロウィルスに感染するとうつりやすく、一家全滅というケースも少なくありません・・。

ノロウイルス予防対策

他のウイルス性の伝染病より感染力は強いですが、それでもまったく防ぎようがないかといったらそうではありません。ただ、ノロの場合は、感染した人が吐き下した汚物に菌がたっぷり入っていますので、とくに嘔吐物などを処理する際に一番気をつけなくてはなりません! お子さまを介助するさいには、マスクやすぐ破棄できるゴム手袋などでの装備をおすすめします。また、汚物などが乾燥すると、そこから菌が空気中に舞って二次感染につながりかねませんので、汚物はすぐに処理し、ゴミも密封して外に出す、などし、部屋に置いておかないようにしましょう。

  • 手洗い、うがいはやっぱり、予防には必要
  • マスクで体内へのノロウイルスの侵入を防ぐ
  • 次亜塩素酸系での消毒が有効

この時期になると、我が家でも次亜塩素酸系消毒スプレーは必ず一本準備しておきます! 子供が嘔吐でもした時には、それがただの風邪であろうがなんであろうが、まずは嘔吐物に速攻スプレーです(笑)。

amazon.co.jp

amazon.co.jp

amazon.co.jp

amazon.co.jp

みなさんも、家族内での感染を広めないためにも、いざというときの備えはしておいてくださいね!

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%9c%e3%83%b3

さぁ、クリスマスをはじめ、パーティーや忘年会に大掃除、忙しい時期です。

体調管理も万全に、楽しいクリスマスと、よいお年をお迎えくださいね!

合わせて読みたいおすすめ記事

クリスマス豆知識|知ってると得するかもしれない?!クリスマストリビア

クリスマスを子供ともっともっと楽しむアイディア8選!

子供と楽しむクリスマスパーティー!|「簡単!手軽!楽しい!」クリスマスパーティーアイディア