子供ドレス

発表会の衣装選び〜失敗しない1着を選ぶために知っておきたいポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
発表会におすすめドレス

幼稚園や学校以外での発表会といえば、たいがいがピアノの発表会やコンクール、ヴァイオリンの発表会、といったところでしょう。ここでは、演奏の発表会においてステージ映えする、失敗しない衣装選びのポイントをご紹介いたします。

また、発表会でのドレス着用時に気を付けたい点とよくあるお悩み、それらを解決してくれるアイテムも併せてご紹介! 今度の発表会の衣装選びでどうぞ参考になさってください。

発表会にふさわしい服装とは?

日頃の成果を披露する晴れ舞台、発表会。衣装選びもその楽しみのひとつと言えますね! 華やかなドレススタイルでピアノを弾くことを楽しみにしているお子様も多いのではないでしょうか? 舞台があるような大きな会場なら、ステージ映えする華やかなドレスも素敵です。ただ、演奏することが第一の目的ですから、ピアノやヴァイオリンが弾きやすいこと、もしペダルを使う演奏であるならば足元も、ペダルをふみやすい靴を選ぶ、などの配慮が必要となります。

もちろんドレスでなくとも、お出かけ用のワンピース、入学式や卒業式で着た(着る予定の)ワンピースやスーツスタイルでも十分発表会向きの服装といえます。むしろホールではなく、サロンのような、観客と演奏者の距離が近いアットホームな雰囲気の発表会であるなら、清楚なお嬢様スタイルでまとめると好印象。
一般的に、小学校低学年〜中学年くらいのお子様においてはドレス率が高く、高学年になるほど、ワンピースや制服、または制服のようなスカート+ブラウスといったフォーマルスタイルになっていく傾向があります。

発表会という公の場であること、また、優雅に演奏するという観点からしても、カジュアルな服装は避けたいところ! 演奏がしやすく、かつステージ映えし、お子様も満足のいくような服装で、日頃の成果を発揮してほしいものです。

お子様が弾く曲のイメージで、お洋服のタイプや色を選ぶのも楽しいですね!

NG事項

×ジーンズや短パンのようなカジュアルスタイルは避けて! せめて、ブラウス+スカートといったフォーマルスタイルで。

×厚底靴や高いヒール、ブーツはペダルが踏みにくいため、発表会には向きません!

やっぱりドレス! 発表会で失敗しないドレス選びのポイント

発表会はやっぱり華やかドレススタイルで! そんな方必見です。「演奏しやすい」ことを考えたら、どんなことに気をつけてドレスを選べばよいのでしょう?
ドレス選びのポイントを3つにまとめました。

Point1▶︎首まわり、腕まわりには、少しゆとりがあるものを!
ピアノの鍵盤上を右へ左へ移動するような曲や手をクロスして弾くような場合は、背中がきつめのものだと動きにくくなってしまいます。ヴァイオリンも同様、両腕を上げた演奏が続き、大きく弓を動かすような場合もあるため、腕繰りや背巾に多少ゆとりのあるものを選びましょう。伸縮性のあるような素材ならよいですが、そうでない場合は、ぴったりしすぎる服は腕の動きを制限して演奏しにくくなるおそれがあります。
ただ、逆に、胸元がぶかつかないよう注意! 少しでも胸元が気になるようなら、ドレス用インナーの着用をおすすめします(※下部【気をつけたい点&みんなのお悩みレスキュー】にて詳細説明)。

Point2▶︎ドレスの丈に気をつけて!
歩きやすい丈であるか。ピアノの発表会である場合は着席しての演奏時にドレスがペダルにひっかからないか。 スカートにボリュームをもたせるためにパニエをはくこともあるかと思いますが、パニエを入れた上での丈も同じく、気をつけて選んであげてください。

Point3▶︎ツヤツヤした素材のドレスの場合は、座り方に気をつける
これはピアノの発表会特有のものですが、とくに、ペダルにやっと足が届くようになったような背丈のお子様は注意してください。椅子に浅く座っての演奏になるため、ツヤツヤした素材のドレスですと滑りやすくなる可能性があります。 実際にドレスを着用した状態で、何度か練習をすることをおすすめします。

発表会では、袖のないデザインのドレスを着たお子様をよく見ますが、肩を出すドレススタイルは演奏をする上での動きを考慮すると、ピアノが弾きやすい衣装といえそうです。
また、舞台照明は想像以上に熱があるものなので、舞台上では季節問わず半袖、ノースリーブでも問題ありません。ただ、夏場であっても待機中のことを考え、温度調節できるような羽織物があると安心です。

NG事項

×ヨーロッパ貴族を彷彿させるような、手首まわりが広がっているデザインや、和服のように袖自体が大きく広がっているデザインなどは、演奏に支障をきたす恐れがあります。

×ステージ映えを意識しすぎてあまりにギラギラするものだと、お客さんや、観客席の小さなお子さんが気になって落ち着かなくなってしまうケースも。照明で映える素材のドレスやアクセサリーの着用がおすすめ。

×ヴァイオリンの発表会であるなら特に、胸元、首元、肩周りの装飾には気をつけて! スパンコールやビーズといった装飾品は楽器をキズつけてしまいます。なるべくシンプルデザインのものを!

【発表会でステージ映えするドレスとは】

発表会においての”見映え”を考えるのなら、演奏時と、集合写真撮影時を意識しましょう!

ピアノの発表会であるなら、演奏中は右側が観客席に見えるアングルとなりますので、ヘアスタイルも含めて、アクセントやポイントとなる装飾は右側にくるようにすると素敵。

また、発表会では集合写真を撮ることが多いと思いますので、そこもぜひ意識して。とくに中高学年のお子様や背が高いお子様は2列め以降に並ぶことになりますので、上半身にポイントがあるものを選べば、華やかな印象で思い出に残ります。(ただし、演奏の邪魔にならない程度に)

▶︎発表会にはこんなドレスがおすすめ!◀︎

思った以上にかわいかった!
ピアノの発表会用に 143センチの娘に150を購入しました。 丈もちょうどよく、きれいに着れました。 ただ、少しすけるのが気になったので、 ソフトパニエを履かせました。 発表会を見にきていた方から、ドレスかわいいと言っていただいて、 娘も大喜び。 購入して、大満足でした。

エレクトーンコンクール用に購入しました。足さばきがしやすいように7分丈のレギンスを着用させ、曲のイメージの赤いチュニック丈のドレスを探していました。133cmの娘に140cmを選びました。イメージより少し丈が長めでしたが、椅子に座って演奏するには見映えもよかったです。とにかく曲のイメージとピッタリで大満足です!

ピアノコンクール用に購入しました。まだ着用してませんが、形やデザインがとても素敵です。胸元にパールが付いていて、娘も気に入りました。今回は水色を購入しましたが、他の色も素敵でとても迷いました。着る日が楽しみです。

【気をつけたい点&みんなのお悩みレスキュー】

演奏しやすい、発表会のドレススタイルが決まったら、注意したいのは以下2点! お子様が最高のステージを迎えられるよう、余念なくチェックしましょう。

Check1▶︎胸にぶかつきはありませんか?
腕まわりや首回りに余裕があることは大事ですが、胸元がぶかついていたのではせっかくのドレススタイルも品格に欠けてしまいます。
そんな時は、ドレス用インナーの着用をおすすめします!

Check2▶︎パニエ着用の場合、ゴワついて着席しにくくありませんか?
スカートをふんわりボリュームアップするパニエ。ドレススタイルの見映えはしますが、ハードチュールのようなハリのあるパニエだと、椅子に着席しにくかったり、演奏中も着用感が気になってしまう場合も。着席シーンこそメインの発表会には、着心地のよいやわらか素材のソフトパニエがおすすめ!

 

いずれの場合も、ドレスを準備したら、発表会まで大事にしまっておくのではなく、当日と同じように着用した状態で演奏の練習をしておくとよいでしょう。

発表会におすすめ! 上品清楚なワンピース/スーツスタイル

アットホームな雰囲気の会場での発表会だったり、ドレスに抵抗があるお子様、ちょっと大人びたジュニアのお姉ちゃんの場合は、お出かけワンピーススタイルや、制服のようなブラウス+スカートといったフォーマルスタイルもおすすめです。
清楚なお嬢様スタイルならば、発表会以外でもお出かけや卒業式、入学式、その他フォーマルシーンでも使いまわしがききますね。

▶︎発表会にはこんなワンピースやスーツがおすすめ!◀︎

娘のピアノの発表会用に購入しました。実物はほぼ写真の通り、花柄の少しくすんだような色合いが、上品でレトロな雰囲気を醸し出していて、私も娘も大変気に入りました。123cm、19kgでサイズ130を購入しましたが、首回りも袖周りも大きすぎることはなく、ウエストのリボンをきつめに結べばきれいなラインで着ることができます。パニエは使いませんでしたが、スカート内側にソフトなチュチュがついているので、少しふんわりさせて着用することができました。スカートの丈はひざ下くらいで、子どもにはちょうど良い長さだと思います。華やかすぎないので、コンクールでも着せました。ピアノの先生からも好評でした。
生地が薄くてふんわりとしているので、子供も着ていてラクなようです。裏地はしっかりしているので、透けてしまうことはありません。

子供の発表会用に購入しました。ドレスとまではいかなくてもキレイめなワンピースを探していてこちらを購入。画像通りのキレイなワンピースで子供もとても気に入っています。娘は細めなので多少ブカブカな感じもしますがスカートふんわりで可愛いし上品です。サイズは普段通りで良いと思います。胸元が少々寂しい感じがするのでパールのネックレスをつけて着せたいと思います。

153センチ普通の体型ですが、160センチサイズでピッタリでした。生地はしっかりしていて、着心地は悪くないようです。卒業式以外にも、ピアノの発表会で着るつもりですが、腕が上がらない可能性があるので発表会では上着は着ないで参加しようかと思っています。赤のリボンのスーツが希望だったので、ほぼ満足しています。

着やすくてよかった。ピアノの発表会のために購入、とてもかわいらしくて本人も喜んでいます。胸元のリボンも取り外してもフリルがあってかわいく着れそうなので、どっちのスタイルで着ようかと考えながら、今から発表会が楽しみです。

足元にまで気を配って!

ドレスやワンピース同様、足元も「演奏しやすいこと」を第一に考えたスタイリングを心掛けましょう。

とくにピアノの演奏でペダルを使うのであれば、ちゃんとペダルの感触がわかる、底の厚すぎない靴を選ぶことが大切です。かかとがあるような靴だと、ペダルが踏みにくくなることも。本番であわてないよう、靴をはいて練習することもおすすめします。

また、たまにスニーカーをはいてくるお子様もいらっしゃいますが、ドレスにせよワンピースにせよ、せっかくのフォーマルスタイルですので、足元にもこだわってみてください。ピアノの先生方のリアルボイスとして、「足元がスニーカーだと集合写真撮影のときに目立ってしまう」「せっかくのおしゃれなスタイリングも、足元に違和感があるとちょっと残念・・」といった声も聞かれます。
発表会は、先生方にとっても、大事な教え子さんたちの晴れ舞台。そんな日頃お世話になっている先生方への敬意もふくめ、足元にまでしっかり気を配りましょうね。

NG事項

×ブーツや高いヒールの靴はペダルが踏みにくいので避けて! 厚底の靴やサンダルもペダルの感覚がわからないのでNG!

×スニーカー、運動靴は動きやすいけれども、フォーマル感に欠けるので控えて!

▶︎発表会にはこんな靴がおすすめ!◀︎

ドレスに合わせた、ペダルが踏みやすそうな品のあるしっかりした靴を探していました。ラインもきれいで、先っぽも広めで子供にとても履きやすい靴です。ピアノの発表会も大成功!いろんな場で活躍しそうな靴です。職人さん素晴らしい!

シルバーのリボンストラップを購入しましたが、少し大きかったので色違いの黒を購入。1年間ピアノのステージで活躍しました。現在はシルバーを活用しています。横幅がゆったりしていてヒールもないのでべダルを踏みやすいです。毎回短時間の使用ですが、履き心地は楽ちんです。お手頃価格も嬉しい限りです。

 

 

男の子の発表会スタイルは?

男の子の場合も、日頃の練習の成果を発表する場ですので、お世話になっている先生への感謝と敬意ももった、フォーマルなスタイリングでいきましょう。もちろんそれでも、お子様自身が「演奏しやすいこと」を最優先に考えてあげてくださいね。

幼児~小学校低学年のお子さまなら、シャツとズボンにベストを合わせたお坊ちゃまスタイルがおすすめ。小学校中~高学年、もっと大きいお子様なら、スーツスタイルでばっちりキメるとかっこいいです! タキシードをビシッと着た小学校中学年くらいの男の子のピアノの演奏を目にしたことがありますが、本当に絵になっていて、引き込まれました。
ただこれも、本人が演奏しやすいかどうか。ピアノならば遠い鍵盤を弾くような曲だったり、ヴァイオリンであるなら大きく弓を使った演奏か、そのときに肩や腕が動かしやすいか、スーツがきつすぎないか、確認する必要があります。

集合写真撮影のことも考えると、ベストやスーツと合わせて、ネクタイや蝶ネクタイもぜひワンポイントアクセントでコーディネイトしてあげると◎。スーツになじみがなくて演奏しにくいとお子様が感じるようであれば、演奏ではシャツ、もしくはベスト着用のみ、写真撮影のさいにはジャケットを羽織る、と使い分けてもいいかもしれません。

男の子の発表会の服装で一番気を付けたいのが、靴! たまにスニーカーや運動靴で発表会に出るお子様がいらっしゃいますが、それはできれば避けたいところ! ピアノの先生方のリアルボイスとして、「足元が運動靴だと集合写真で目立ってしまう」「せっかくのフォーマルスタイルにスニーカーでは、ちょっと残念・・」といった声が聞かれます。ぜひ足元にまで気を配ったスタイリングをしてあげてください。

いずれにせよ、普段着なれない服装であることには違いないので、本番と同じスタイリングでご自宅でも何度か練習することをおすすめいたします。

NG事項

×カジュアルスタイルは避けて! シャツ+ズボンにベストといったフォーマル感を大切にした服装で

×スニーカーや運動靴はNG!

▶︎発表会にはこんなスタイルがおすすめ!◀︎

扱いやすそう☆ 小柄細身の5歳息子に、ピアノの発表会で度々着用の機会があるのと、卒園式まで見据えて120センチを購入しました。こちらは全体のラインがスッキリしていて、肩も張ってないし三つボタンで胸の空きも狭いので、細身の子供にもジャケットが体から浮かずよく似合うと思います。生地は確かにブランドスーツに比べると薄いですが、体になじむのでスーツに着られている感じが出ないし(これ、最も避けたい)、スエットジャケットのような軽さ、着用時の子供のストレスも軽減できそうです。見た目の生地感には不足ないので、軽さと薄さはむしろキッズスーツとして◎です。上下ダークなブラックウオッチはとてもおしゃれで、中に着るものでカジュアルにもフォーマルにも印象を変えられるので、通年使えそうで楽しみです。

良いです。弟の七五三の付添と、来春の発表会のために現在132cm 30kgの息子に、140を購入。何着も買うのは勿体ないと大き目を買ったので、大きすぎることは想定内。上着の袖とパンツの裾を上げて対応します。子どものスーツをネットで買うのは怖かったのですが、値段の割にしっかりしていて、とても満足です。また利用したいと思っています。

▶︎発表会にはこんな靴がおすすめ!◀︎

はきやすいです! マジックベルトで、しっかりと足の甲をホールドできるので、履き心地がいいみたいです。近く、法事があるので、また、夏にはピアノの発表会などもあるので、活躍させていただきます!

やわらかい! 息子のピアノ発表会用に購入しました。普段16センチ甲高息子ですが、17センチではやはり大きく、中敷を入れて履かせます。少しカパカパしますが、脱げるほどでもなく本人もそんなに気にしていない様子。革靴の硬さや靴底がカツカツ鳴るのが好きではないので、柔らかい履き心地でゴム底のこちらの靴は大満足です!こちらでサイズアップさせていきます!!とても良いお買い物ができました。

 

さぁ、発表会にむけて衣装をばっちりそろえたら、あとは本番のステージを迎えるのみ! お子様が緊張しすぎることなく日頃の成果を発揮できるよう、「楽しんでおいで!」と笑顔で送り出してあげてくださいね。

素敵な発表会のステージが迎えられますように・・

合わせて読みたいおすすめ記事

もう失敗しない‼︎ ドレス適正サイズの選び方3つのポイント!

キッズフォーマルシューズ|間違いのない一足を選ぶための知識!|マナー、サイズ計測方法

春の発表会、結婚式におすすめ子供ドレス20選!|パステルカラー、花モチーフ、花柄、シフォン素材

初夏~夏の結婚式や発表会におすすめ子供ドレス&アイテム20選!

秋色フォーマル!|秋の発表会、結婚式、七五三に着たいおすすめ子供ドレス・ワンピース・ボーイズフォーマル20選

ドレスコードは「クリスマス」!|ホリデーシーズンの結婚式、発表会、パーティーに着たいドレス